Over the Rainbow 〜7色の架け橋〜

立和田 環(Tamaki Tachiwada)

株式会社ヒューマンクリエイティブアカデミー代表
外資系企業においてマーケティングコンサルタントを経験後、イメージコンサルタントとして活動。『人と色』との関わりを数年にわたって探求し、『オーラソーマ』と出会う。
その後、イギリスオーラソーマアカデミー公認講師として10年以上に渉り全国のオーラソーマ・プラクティショナー(開業セラピスト)の育成に携わり、現在は、マイク・ブース学長の代理として、日本におけるオーラソーマ・ティーチャートレーニングLevel 1コースを教える講師でもある。
また、アメリカにて『神経言語プログラミング(NLP)』トレーナーの資格取得。

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近のコメント

My history with Aura-Soma:Chapter Ⅴ.

2018 年 12 月 10 日

§「ボトルを使う?」§

「あなたはあなたのままでいいのです。」という言葉は、今でこそ、とても素敵な言葉で、よく耳にするようになりました。
ですが、当時の私は、生まれてから一度もその言葉を聞いたことがありませんでした。
20世紀は、そういう時代だったと言ってもいいかもしれません。

そしてその言葉の意味が分からないまま、コンサルテーションの最後に「あなたはどのボトルを使いたいですか?」と聞かれました。
「ボトルを使う?」「何のために?」「ボトルを使ったぐらいでどうなるというの?」
私は、心の中でつぶやいていました。
そこで私は、「ボトルを使うことに興味はありません。」と答えました。
でも、ティーチャーは、ボトルを使うことを強いるわけでもなく、「わかりました。」と、何も動揺することもなく、にっこりと微笑んでいました。

その時のティーチャーがもし日本人だったら、もしかしたら私は“No”が言えないまま、適当にボトルを選び、ボトルを使う意味が分からないまま、ただ飾っておくためだけに購入していたかもしれません。

イギリス人なので曖昧な言い方ではなく、“No”をはっきりと言ってもいいと思いました。そして“No”を言う私を尊重し、受け入れてくれたことに、今でもとても感謝しています。

私にとってとても幸運だった事は、この時のコンサルテーションでの経験が、今現在の私のコンサルテーションにこの上なく役に立っていることです。
そして私は、次の日から始まるレベル1に参加し、オーラソーマにおける私の人生が始まりました。

To be continued…

日時 : 19:31 パーマリンク コメント (0)

My history with Aura-Soma:Chapter Ⅳ.

2018 年 11 月 26 日


§全く訳がわからなくなったコンサルテーション§

生まれて初めてのコンサルテーションの衝撃の内容は、今も記憶にあります。

ボトルを選ぶのに時間がかかった意味も、その時の私が、人生の大きなターニングポイントであり、そしてそれを私は自分自身に知らせようとしていたことが、今の私には全てを紐解くことができます。
ただ、その時のイギリス人の先生の言葉は、私にとって衝撃的なものでした。言葉の内容が全く理解できず、当時の私には、私に何か問題があると言われているかのように聞こえてしまいました。これには私の受け取り方の習慣がそうさせたのかもしれません。

私が子供の頃の教育は、何が自分の問題なのかを見つけ、その問題を解決していく必要があると私は受け取っていました。

当時の私は、自分には何も問題はないと思っていましたし、問題がないように生きていました。
それにも関わらず、何か問題があるように聞こえた私は、「言われたことは私には全く記憶にありません。」と答えると、「人間は、覚えていたくないことに対して記憶を消すようになっている。」と言われ、思わず「では記憶にないことに対して、どうしたらいいのですか?」と尋ねた私に対して、「何もする必要はありません。あなたはあなたのままでいいのです。」
と言われました。
「??????????????。」

そして、「それでは、今と何も変わらないし、解決もしないではないですか。」との私の返答に対して、「あなたはあなたのままでいいのです。」と言う例え話を何度もしてくれたように思いますが、一切その言葉は私の耳に入ってきませんでした。

To be continued…

日時 : 13:11 パーマリンク コメント (0)

My history with Aura-Soma:Chapter Ⅲ.

2018 年 11 月 19 日


§オーラソーマコンサルテーションの体験§

*オーラソーマコンサルテーション
レベル1コースに参加を申し込み、その時に「コンサルテーション」というものがあることを知りました。
レベル1コースを申し込んだ時点では、まだオーラソーマというものがどのようなものかがわからない状態でしたので、まずはコンサルテーションを体験してみようと思いました。
当時日本には、まだオーラソーマティーチャーという人は誰もいませんでしたので、イギリス人の先生のコンサルテーションを、レベル1コースの前日に受けました。

*ボトルが選べない!
オーラソーマコンサルテーションは、カラーボトル(正式名称:イクイリブリアム)を選択することから始まります。
現在、イクイリブリアムはB0~B115(合計116本)ありますが、当時はB93までの合計94本のボトルセットでした。
そのボトルセットの前に立ち、ボトルを選ぼうとしたのですが、なぜか1本も選ぶことができないのです。
普段何かを選ぶ時、どちらかというと私は決断力がある方なので、あまり迷ったことがありません。
なのに全く選ぶことができず、時間だけが過ぎていきました。ふと時計を見るとすでに30分を経過していました。私の中の何かが邪魔をしている。
とにかくまずは1本を選ばなければ、何も始まらないそう思い、選んだのがB2:ブルー/ブルーのボトルでした。
改めて自分の選んだB2のボトルを見て、少し落ち着いたのか次に私の目に飛び込んできたのがB26:オレンジ/オレンジでした。そしてB10:グリーン/グリーン。最後4番目がB50:ペールブルー/ペールブルーでした。

このときの4番目に選んだボトルB50:ペールブルー/ペールブルーが、現在私を最も呼んでいるボトルとして、15年以上変わらず私の1本目のボトルです。

To be continued…

日時 : 9:11 パーマリンク コメント (0)

My history with Aura-Soma:ChapterⅡ.

2018 年 11 月 12 日

§初めて実際のカラーボトル(イクイリブリアム)を見た時§

私が初めて実際のカラーボトル(名称:イクイリブリアム)の前に立った時、
「あっ!これだ!」
という声が、私の内側深くから聞こえたような気がしました。

まだその時は、イクイリブリアム(オーラソーマシステム)について、全く何も知らない状態でしたので、私自身をここまで引き付けたカラーボトルの存在は、論理的な言葉で説明がつくような理由を超えているようでした。

今までの人生で、何かに興味を持った時、何かに役に立つかもしれないという思考から、楽しそうだ、面白そうだという感情から選択し、やり始めたことが幾つもあります。

その声の意味が、その後、私の中でゆっくりと、そしてだんだん明らかになっていくことになりますが、最初に私が思ったことは、今までのように私の思考と感情の中での答えでした。

色にかかわる仕事をしている中で、その人が好きな色とその人を魅力的にする似合う色に相違があることに興味を持ち、それぞれの人の色との歴史を探求するカラーヒストリーを作成するというカウンセリングも行っていました。
それはとても興味深いものでした。なぜ人は、「色に関して好き嫌いを感じるのだろう。」という答えの理解につながっていきました。
それだけでなく、「人は、思考や感情において外側から強い影響を受ける。」ということも分かってきました。
ただ、色に関しての探求と益々興味が深まってきていた中で、「まだその奥に何かがありそう。」という、なんだかモヤモヤとしたものがありました。

そこで最初に思った「これだ!」の答えは、「きっと今の自分の仕事に何か役に立つだろう。もしかしたら、今私の中にあるモヤモヤとしたものを、埋めてくれるかもしれない。」だったのです。

そして、早速最初のコースレベル1に参加することにしました。

To be continued…

日時 : 19:16 パーマリンク コメント (0)

My history with Aura-Soma

2018 年 11 月 5 日

オーラソーマコース中、参加者の皆さんから、私のオーラソーマとの経験を、よく尋ねられます。
オーラソーマとの関わりの中で、もうすぐ25年近くになる今、一度少しずつ書き留めておきたいと思うようになりました。

§オーラソーマとの出会い§

それは、今も私の手元にあるイギリスオーラソーマ社が発行した1冊のパンフレットから始まりました。
その表紙にあったなんとも言えない美しいカラーボトルの写真に、私は目を奪われてしまいました。
これは、いったい何?
当時まだ日本では実際のボトルを目にすることはできず、初めてカラーボトル(イクイリブリアムボトル)を見ることになったのは、レベル1(Foundation)コースに参加することになった時でした。

その頃の私は、独立してイメージ&メイクアップコンサルタントとして、コンサルタント養成スクールを開校していました。
特にお洋服やメイクアップにおいて、その人がその人らしくそして最も美しく輝くことができる色があることが、私の興味を引きました。
特に、ショーなどでモデルの方のメイクをしている時よりも、まだ自分の美しさに気づいていない一般の方へメイクをした時、その方が鏡に写るご自分の顔を見て「きれい!」と喜ぶ姿に私自身も強く喜びを感じ、いつも鳥肌が立つほどの感動の経験をしていました。

イメージ&メイクアップコンサルタントになる以前の私は、企業のサービスにおける人材育成トレーニングやセミナーを開催していました。
そこでは、コミュニケーションの取り方などサービス全般における人々の奥深い心理などについても実践的に経験をしました。

そのどちら仕事も、私にとってはとてもやりがいのあるものでした。
20代、30代半ばまで、「人々が、何にどのように興味を持ち、どのように喜びを感じるのか。」というテーマに対して、私自身がとても興味を持って仕事をしていたように思います。
振り返ってみると、自分自身の仕事の選択において、今に至る共通のものが見えてきます。
*人々の成長のサポート→コミュニケーション→色→その人が持つその人らしい最高の状態で輝く。

そしてこのような私のところにやってきたのが、オーラソーマでした。

To be continued…

日時 : 15:33 パーマリンク コメント (0)

2018年10月 Beyond Colour Practitioners Update

2018 年 10 月 25 日

10月19日~22日、において、Beyond Colour Practitioners Update が、東京にて開催となりました。

この Beyond Colour Practitioners Update は、2017年11月から始まり、2018年2月、3月、6月 そして今回の10月と続き、これで締めくくりとなります。

オーラソーマカラーシステムの再評価と更なる次のステップへと一緒に移行すべく、この1年間で世界各地で開催されました。そして日本では、総勢約1,000人のオーラソーマティーチャーやプラックティショナーの皆さんが集まりました。

それぞれの回において、日本中から参加されたたくさんの皆さんとお話をすることができ、皆さんが今までも、そしてこれからも今まで以上にオーラソーマシステムとの共通の認識を持ち携わっていくことの素敵なイメージを受け取りました。

Peace Love & Light
立和田 環

日時 : 9:52 パーマリンク コメント (0)

最新のレベル2&レベル3 by Mike Booth in Australia 

2018 年 10 月 15 日

9月22日~30日、オーストラリアのバイロンベイにおいてマイク・ブース学長による最も新しくアップデートされたレベル2及びレベル3が開催されました。

今回は他国語の通訳が付かず英語のみで開催されましたので、マイク学長の話しにも充分な時間があり、今まで以上にたくさんの話を聞くことが出来ました。

また会場は、素敵なリゾートホテルのゆったりとした環境の中で、毎日とてもリラックスできました。
オーストラリア在住の参加者や、他の国からの参加者皆さんとも一緒に過ごすことができ、またいろいろお話しができたことも含めて充実した体験ができました。

マイク学長からの「できるだけ多くの日本の皆さんに今回のコースでの経験を伝えていってほしい。」に対して「もちろんそのつもりです。」と答えました。

もうすぐにレベル2及びレベル3をHMCA(ヒューマンクリエイティブアカデミー)にて開催します。
皆さんも楽しみにしていてください。

Peace Love & Light

Tamaki

日時 : 18:14 パーマリンク コメント (0)

オーラソーマ システム創始者 Vicky Wall 生誕100年祭

2018 年 8 月 20 日

オーラソーマ システム創始者 Vicky Wall 生誕100年祭

イギリス テッドフォートにあるオーラソーマの500エーカー(東京ドーム43個分)の広大なシャイアファームにて、ヴィッキー・ウォール(オーラソーマ創始者)生誕100年祭が開催されました。

限られた宿泊施設の中で、約110名の人たちが世界各国から参加しました。

1週間前の天気予報によると雨の予定でしたが、実際には心地のよい、そよ風が吹く晴天に恵まれ、青い空に緑の草原と白いテントの会場がとても映えていました。

「自分自身を思い出したい人はいらっしゃい。」というヴィッキーの思いが、遠く離れた東の端の日本という国で、(イギリスの世界地図には、日本は左の端の方に位置しています。)世界のどの国よりも多くの人に届いているとは、きっとさすがのヴィッキーも驚いているでしょう。

それはオーラソーマが、日本人のそれぞれの人の内にある大切なものに優しく触れることができるシステムだからなのかもしれません。

今回のイベントは、私が想像していた以上にとても素敵な体験でした。日本から参加した皆さんともいろいろお話しができ、楽しい時間をありがとうございました。

また、各国から参加していた古くからの友人たちにも会え、20年以上前に初めてこの地にやって来た時から現在までの間に発展と進化をしてきた様々なものに、これからのオーラソーマシステムと共に私たち一人ひとりの未来への進化を感じました。

Peace Love & Light

Tamaki

日時 : 15:44 パーマリンク コメント (0)

2018年6月第4回Beyond Colour プラクティショナーアップデート(東京開催)

2018 年 6 月 13 日

2018年6月第4回Beyond Colour プラクティショナーアップデート(東京開催)

6月8日∼10日において、4回目のBeyond Colour プラクティショナーアップデートを開催致しました。

会場いっぱい約190名の皆さんが、北は北海道から南は沖縄県まで、日本中から参加されました。またとても久しぶりにお会いする方々もいて、わずかな時間ではありましたが、たくさんの皆さんとお話しができました。そして、何よりも皆さんのきらきらと輝く眼がとても印象的でした。

アップデート開催中も、終わった後も、皆さんからのたくさんの素敵なフィードバックを頂きありがとうございました。3日間、皆さんと楽しく過ごすことができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

また、いつか皆さんにお会いできますことを、心より楽しみにしています。

Peace Love & Light

Tamaki

 

 

日時 : 15:54 パーマリンク コメント (0)

オーラソーマ創始者ヴィッキー・ウォール生誕100年祭 in Dev Aura

2018 年 6 月 5 日

 

∼オーラソーマ創始者 Vicky Wall 生誕100年祭∼

2018年8月18日(土)∼19日(日)(2日間)

いつかはDev Auraへ行ってみたいと思われる方は、ぜひ∼ヴィッキー・ウォール生誕100年祭∼にご一緒しませんか。最高のタイミングだと思います。私は、いつもオーラソーマ誕生の地であるDev Auraに行くたびに、自分自身の核(本質)を確認している自分がいることに気がつきます。

そして、私の「真のオーラのボトル」が“エルモリア” B50:ペールブルー/ペールブルーであることに気がついたのもDev Auraにいる時でした。その時の感覚を、今でもはっきりと覚えています。この場所は、私にとってもとても大切な場所です。

長年に渡って、Dev Auraで開催されるコースなどをオーガナイズしてきたのは、皆さんにぜひこの地でしか味わえない感覚を提案することが、私の役割の一つである様な気がしています。

皆さんもきっとこの地で、素敵な体験をされることでしょう。皆さんと大切な時をご一緒できることを楽しみにしています。

Peace Love & Light

Tamaki

 

 

日時 : 16:16 パーマリンク コメント (0)